つじ整骨院・整体院

〒770-0938 徳島県徳島市明神町5丁目9-2 最寄駅:阿波富田・二軒屋駅

  日祝
9:00~13:00 ×
13:00~19:00 ×

 土曜日△:13:00~18:00

お気軽にお問合せ・ご相談ください

088-679-9919

よくあるご質問&お悩み相談室

徳島でお身体の痛み・痺れでお悩みなら

つじ整骨院へご相談・ご来院ください!!

よくあるご質問とその答えをご紹介します。どうぞご参考になさってください。

施術について

施術は痛くないでしょうか??

バキバキしない患者さまの症状に合わせた施術を行います

徳島市のつじ整骨院では歩けないほど重症な患者さまも多数ご来院いただき痛み・痺れが改善したという嬉しいお声をいただきます。

 

型にはまった流れ作業のような電気やマッサージではなく患者さまの痛み・痺れが出る姿勢や動作、お身体の歪みなど問診・カウンセリングを徹底的に行い原因を突き止めてから施術をします。患者さまの症状やお悩みに合わせて、最適な施術方法をご提案いたしますのでその場で効果を実感していただけます。

まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。

バキバキするのは良いのですか?

徳島市のつじ整骨院ではバキバキと音を鳴らす施術は一切いたしません。

患者さまのお話でよく聞く事がバキバキ急に鳴らされてから調子が悪くなった、、、

せっかくつらい痛みを改善したくて行ったのに余計に悪化してしまいその後も不調が続いている事です。

 

カイロプラクティックとは1895年にアメリカのダニエル・デヴィッド・パーマーによって創始された手技療法です。

 

アメリカではカイロドクターと呼ばれ、国家資格ですが日本では民間資格で全くの無資格者でもカイロプラクティックの看板を掲げて経営をする事ができます。

カイロはとても良い技術で即効性があり効果もあります。

ただし、本当に体の構造を熟知し技術力があればのお話です。

 

残念ながら日本では誰でもカイロプラクティックという言葉を使ってすぐに開業ができるので素人同然の人がやっている事が多々あります。

 

カイロが悪いわけではありません。

誰がどんな人がやっているかが重要で本当に信用ができそうな先生がいればカイロプラクティックを受けてみるのもよいかもしれせん。

 

徳島市のつじ整骨院ではバキバキといった音を鳴らすような施術は行わずに安心・安全かつその場で効果を実感できるトリガーポイント療法・骨盤矯正・体幹トレーニングのトータルアプローチであなたのつらい痛みを改善し、再発予防までお手伝いさせていただきます。

どのくらいの頻度で通えば良いでしょうか?

施術開始初期は週1〜2回程度のご来院をおすすめしています。

つらい痛み・痺れを改善・再発予防するためには施術開始から1ヶ月程度が最も重要な時期となります。

 

症状を安定させるためには初めだけ来院頻度を多めに設定し、楽になるにつれて来院頻度を少なくしていきます。

 

徳島市のつじ整骨院ではその間にも自宅でできるストレッチやトレーニングの指導もさせていただいておりますので自宅でどんな事をすれば良いのか?逆にやってはいけない事はどんな事なのか?詳しくお伝えしますのでご安心ください。

費用はいくらくらいかかりますか?

あなたの生活環境に適したプランをご提案させていただきます。

痛みがあると言っても患者さまのよって痛みが出る動作や姿勢、程度は様々です。

改善するにももちろん個人差があり通院頻度や施術内容が変わって当たり前です。

その中で痛みを改善させたいけどそんなに通えない、、、捻出できるお金の問題が、、、

と悩まれる方も多いと思います。

 

徳島市のつじ整骨院ではあなたのライフスタイルに合わせた無理のない通院頻度・施術内容をご提案させていただきますのでまずはご相談ください。

日常生活動作や過ごし方について

痛い時は冷やした方が良いですか?温めた方が良いですか?

突発的なケガや使い過ぎで何度も繰り返す痛みは冷やして
慢性的に同じ痛みが長期間続いている場合は温めます。

まず捻挫や肉離れ、打撲などのケガの場合は腫れたり痛みの箇所が熱を持ったりこれは冷やした方が良さそうだとご自身でも判断しやすいかもしれません。

筋肉が硬直した痛みに関しては温める事をすすめる事が多いのですが、

冷やすか温めるかご自身で判断が難しいのがぎっくり腰・腱鞘炎・テニス肘・バネ指・変形性ひざ関節症・スポーツ疾患です。

 

詳しく説明します。

1.ぎっくり腰

ぎっくり腰は急性腰痛(腰椎捻挫・腰椎挫傷)というケガです。

腰は痛めても目で確認できないし、腫れたりせず、熱を持っていてもわからないので温めたりマッサージをしたり痛いのに無理に動いたりする事で悪化します。

足首の捻挫ならわかりやすいのですがパンパンに腫れて熱を持った足首を温めたりマッサージをしたり走り回ったりするでしょうか??

必ず冷やして固定をして安静にすると思います。

 

それは腰も同じで瞬間的に痛めてしまった腰痛はケガなので必ず最低でも2〜3日程度冷やします。

冷やすと言ってもシップは無意味です。

アイスノンなどで1時間に1回5分程度こまめに冷やす事で炎症が収まり、痛みの早く改善する事ができます。

痛めた程度によっては1週間ほど冷やす場合もあります。

冷やした方が良いと伝えると「えっ、冷やすの?」とビックリされる方がいらっしゃいますが突発的になったぎっくり腰に関しては最低でも初めの2〜3日は必ず冷やすようにしてください。

 

2.テニス肘・腱鞘炎・バネ指などの手の疾患

テニス肘・腱鞘炎・バネ指などの原因は単純に使い痛み・使いすぎによるものです。

スポーツをしているのであれば練習のし過ぎかな?とわかりやすいかもしれませんが日常生活を普段通りしているだけなのになぜ、痛くなったのかわからないという方が本当に多くいらっしゃいます。

使い過ぎなどにどれくらい使ったら痛みが出るなどという定義は一切なく、日常生活の中の毎日同じ動作の繰り返しの場合は使っているという自覚がない事がほとんどです。

何もしていないという言葉を良くお伺いするのですが痛みが出ている時点でその日常生活動作の中で負担をかけた結果として痛みが出てる可能性が高いです。

プロのスポーツ選手なら痛みが出たら休む事で安静にする事で痛みをできる限り早く改善してまた痛みなく練習・試合ができるようになりますが、家事や育児・お仕事などはどうでしょうか?痛みがどれだけキツくても休む事がなかなかできません。

初めは少しでの痛みでも治るひまもなく同じ作業を続ける事で今まで当たり前だった作業でもどんどん痛みが増してつらい悩みに変化していきます。

また、使い痛みなので安静にすれば少しはマシになってもまた使って痛くなっての繰り返しを続けていつまでも治らない・このまま一生治らないのかと不安ばかり強くなっていきます。

使い痛みによるテニス肘・腱鞘炎・バネ指などの痛みは正しい処置が必要です。

施術方法だけでなく日常生活上での動作やして良い事としてはいけない事、自宅での正しいケア方法を見極め、丁寧に説明・施術・指導をさせていただきますでご安心ください。

 

3.変形性ひざ関節症

変形ひざ関節症で何度も水が溜まる方がいらっしゃいます。

病院で水を抜いて持ったてもまた次第に溜まってくるの繰り返しをしていませんか?

 

ひざに水が溜まる最大の原因は「炎症」です。

歩くたびに膝の軟骨が擦れ合い炎症を何度も引き起こす事で水が溜まります。

ひざに溜まる水は本来悪いものではなく体の防衛本能で炎症がある膝に対して炎症を沈める為に水を送り込んでいます。

 

なので膝のケアに対して最も重要な処置は注射で水を抜く事ではなく「冷やす」事です。

決してシップではありません。シップでは冷えません。メントールが入っているのでスースーして冷えているように感じるだけです。

世の中の情報とは全く違う事を言っているように聞こえると思いますのでえっ、冷やすの??と疑問が大きいと思います。

冷え性だから温めたいとおっしゃられる方が多いのですが全身は温めてください。

冷やすのはひざの周囲のみアイスノンなので1時間に1回5分から10分程度です。

それを1週間続けるだけでも膝の痛みは緩和してきます。

まずはご相談いただければ幸いです。

痛くても無理にでも動いた方が良いですか?

痛い時は動かない・動かさないでください。

ネット上では痛みがあっても動いていないと良くならない、筋力が低下してしまうという文献がよく見られます。

人は1日の中で痛みを感じる時間が長ければ長いほど痛みを感じる回数が多ければ多いほど全身を硬直させて力が抜けない状態になります。痛みがあるのに体の力を抜いてリラックスできる人や胸を張って堂々と歩く人はいないと思います。

痛ければ体を縮こめて猫背のような姿勢になります。

腰に限らず手でも足でも歯でも同じような姿勢になりませんか??

そのつらい痛みがある状態で無理に動いたり運動をすれば悪化して当然です。

動いていなければ筋力が落ちて余計悪くなるのではないか?と不安がよぎり無理に動いてしまう気持ちはわかります。じっとしてても治らないから動くしかないという方もいらっしゃいます。

しかし、それらは本当に根本から痛みが取れる施術を受けていない。あなたの痛みを改善する為に適した自宅でのケア方法をまだ知らないからです。

徳島市のつじ整骨院はあなたのつらい痛み・痺れを改善できる知識・技術・自信があります。

あなたのご連絡・ご来院をお待ちしております。

シップは貼った方が良いですか?

どちらでも大丈夫です。

シップを貼って少しでも楽だと感じる場合は貼っても良いと思います。

貼っても全く効果を感じない方は皮膚が荒れるだけなので必要ありません。

コルセットはした方が良いですか?

巻いてみて楽なのであれば巻けば良いと思います。

腰が痛いからと言っても全員にコルセットが必要とは限りません。

腰が痛いと言っても痛みが出る動作や姿勢は様々です。

コルセットは腰の前後の動きを制限するので腰を前後に動かしたり重たいものを持つのが痛い方には効果がある可能性があります。

コルセットを巻いてみても痛みが全然変わらない、巻いても苦しいだけであれば必要ないと思います。

布団は柔らかい方が良いですか?硬い方が良いですか

世の中のほとんどが低反発布団で作られているので低反発が合わなければ高反発布団を試してみてください。

世の中の全員に合う寝具など存在しません。

こんな布団が体に良絶対に良いというのがない理由は性別も年齢も体型も痛みの症状・程度も人それぞれ違うからです。

また今までふかふかの布団が寝やすかったのに腰が痛くなってから腰が沈むと痛くなるようになってしまったというケースもあります。

曖昧な答えですが試してみて合ったものを探すしかありません。

腰痛で腹筋や背筋を鍛えた方が良いですか?

腹筋や背筋は鍛えないでください。

腰が痛い状態がずっと続いたり、痛くない期間があってもまた何度も繰り返してたりしていると腹筋・背筋が弱いせいだっ、、、と感じ、無理に腹筋・背筋を鍛えようとしてさらに悪化させるケースが多々あります。

痛みを直すのは根性論ではありません。

もちろん腰痛改善・腰痛予防には腹筋・背筋が鍛えられた方が良いです。

一般的な腹筋や背筋の方法ではなく現在・過去につらい腰痛を体験している方の為の腹筋・背筋の鍛え方が存在します。

腹筋・背筋を鍛えて腰痛を改善、予防をされたいのであれば腰を痛めず腹筋・背筋を鍛えられる方法を学びましょう。

徳島市のつじ整骨院では痛みの再発予防ができる体幹トレーニングを伝授していますので是非、正しい痛み改善・予防の為の腹筋と背筋を鍛えていきましょう。

ご予約・ご来院について

予約なしで直接行ってもみてもらえますか?

予約優先制となっておりますのでまずは一度ご連絡ください。

もちろんご連絡なしで直接来ていただいても施術を行う事は可能ですが長時間お待ちいただく可能性が高くあなたの大切なお時間を無駄にしてしまうかもしれません。

待合室で待つ事すらつらい患者さまもいらっしゃいますので一度ご連絡・ご予約いただければスムーズに待ち時間なく施術のご案内ができますのでまずはあなたのご連絡をお待ちしております。

どのような服装で伺えば良いですか?

動きやすい格好でお越しください

Tシャツにパンツなど動きやすい服装でお越しください。

前後にご予定がある方は、お着替えをお持ちいただいても構いません。

母を連れていきたいのですが、施術中に待っていてもよいでしょうか?

受付前のソファでお待ちいただけます

受付前のソファでお待ちいただけます。施術時間の目安については、お気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
088-679-9919
受付時間

月・火・水・木・金 9:00~19:00(最終受付)土 9:00~18:00

定休日
日・祝

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

088-679-9919

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

つじ整骨院

住所

〒770-0938 
徳島県徳島市明神町5丁目9-2

アクセス

徳島駅徒歩15分・阿波富田駅徒歩5分
駐車場:院前に5台

受付時間

月・火・水・木・金 9:00~19:00(最終受付)
土 9:00~18:00

定休日

日・祝